カバンの中に旅行のパンフレット! 怪しい一泊二日の出張!

熊本県八代市の調査

 

 

今回は、熊本県八代市にお住まいの50代前半の女性からの依頼を紹介致します。

 

 

ご相談内容、調査内容、報告、その後の依頼者までの実際に熊本で起こった浮気調査の事例をお伝えいたします。

 

 

(依頼者からのWebへのアップの了承を得ています)

 

 

 

 

 

 

 

ご相談内容

 

 

依頼者の奥さんは、二人の息子も成人し旦那さんと2人で生活しておりました。

元々共働きの家庭でしたが、奥さんは五十歳の節目と息子達の就職を機に早期退職。
旦那さんはそのまま正社員として働いておりました。

仕事ぶりは真面目で、帰宅してからもよく仕事の話を奥さんにしていたようです。

 

 

 

そんな旦那さんですが、ある日を境に宿泊での出張や朝帰りなどが増えてきました。新しいプロジェクトの企画等で大変な時期とは言っていたものの、今までそんなに日をまたぐような事も無かったので少し疑問に思っていました。

ただ仕事なら仕方ないと思い、旦那さんに多忙な業務以外で苦労をかけまいと特に深入りはしないようにしていました。

 

しかし、また時が経ち旦那が帰宅した際のカバンの中に旅行のパンフレットがあるのを発見。

旦那が風呂に入った隙に、取り出して詳しく見てみると行き先は県外、パンフレットの日付にも丸印を付けているようでした。

 

 

これは怪しいと思いながらも、聞かずにそのままにしていたところ、旦那さんから丸印を付けていた日と同じ日程で一泊二日の出張に行くと言ってきました。

 

 

 

明らかに出張用のパンフレットでは無かったため、不倫を疑い弊社へ問い合わせることにしたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

調査内容

 

 

奥さんから旦那さんの職場や出張の日程等をお聞きし、出張前日から当日に調査を行なうことに。

 

 

 

出張前日は普通に出社をしていたが、退勤時には職場の建物から女性と出てきて談笑していた。三十分ほど立ち話をして帰宅。

 

 

出張当日、明らかに仕事とは思えぬ服装で向かった先はアパート。

尾行後、張り込んでいたところアパートから前日同じ職場で話し込んでいた女性が出てきた。

女性も私服で、旦那さんの車に乗り込んだ。

 

 

我々が追跡したところ、向かった先は隣県の温泉旅館に到着した。

この温泉旅館は奥さんが見つけたパンフレットに記載されていたものと同じ所であった。

そのまま2人でチェックイン。翌日まで2人で過ごしていた。

 

 

結局そのまま2人は特に仕事をすることなく隣県の観光地を巡ったのち、地元アパートに戻り解散した。

 

 

 

 

 

 

 

 

報告、その後の依頼者

 

 

調査内容を精査し、再び探偵事務所にて奥さんに状況報告。相手の女性とは面識がなかったが、十中八九同じ職場の部下であると思い、証拠を元に旦那さんへ追求し、認めるに至った。

2人で同時に有給休暇を取得し、旅行に行ったようだ。

 

 

今回だけでなく何度か同様の手口で旅行に行っていた為、旦那さんは不倫相手の女性とともに退職することになった。

 

 

奥さんは離婚する意志が固く、旦那さんと不倫相手への慰謝料請求を弁護士さんと話し合いを進めております。

 

 

探偵は敷居が高い!と思われがちですが、 弊社は、電話、LINE、チャットでもご連絡いただけますので安心してください。

 

 

 

ご自身だけで抱え込んでしまうのは大変だと思います。

まずは相談員のアドバイスだけでも、お聞きいたたくと方向性が見えてくるかと思います。 少しでも迷われている方にも、とてもおすすめです。

 

 

依頼者様の状況はひとりひとり違いますので、その状況に合ったプランを提供させていただきます。

ホームページトップへ

 

 

 

 

浮気調査の診断は
こちらから