熊本市東区で実際に起こった浮気調査の事例

熊本市東区

 

今回は、熊本県熊本市東区にお住まいの40代後半の男性からの依頼を紹介致します。

 

 

ご相談内容、調査内容、報告、その後の依頼者までの実際に熊本で起こった浮気調査の事例をお伝えいたします。

 

 

(依頼者からのWebへのアップの了承を得ています)

 

 

 

 

 

ご相談内容

 

奥さんと結婚してから20年程になります。

子ども2人おり、もうすぐ成人というところまで成長しました。

お互い正社員として仕事をしてはいましたが、(奥さんは事務員)平日の夜でも家族揃って晩御飯を取れるような仲でした。

 

 

子どもがある程度手がかからなくなってからの近年(四〜五年ほど)行動が怪しくなってきました。

まず奥さんの方から「子どもも手がかからなくなったので、残業、収入を増やして趣味を作りたい。友達と食事や旅行に出かけたりしい」と提案。

旦那さんとしては楽しみが増えることは良いことだと思い了承した。

 

了承してからは確かに仕事で夜遅くなる日が増えるものの、こんなものかと思いそこまで気にしませんでした。

 

 

 

ところがある程度してから女子会と称し、20〜21時頃出掛けては深夜の1〜3時に帰ってくるようなイベントも増えてきました。

流石に夜遅くの帰宅は注意したが、「みんなそれぞれ仕事や家庭の事情があり、都合がつくのが夜からしかない」と言われました。

 

 

 

数年間耐えましたが、奥さんの行動自体があまり変わらなかったので不安が爆発し、事実確認と思い、探偵に依頼する運びとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

調査内容

 

まず、残業や業務量を増やしたとされる奥さんのお仕事(事務員)の調査。

 

 

 

平日夜や休日の女子会などの事実確認など。

平日は特に旦那さんのお仕事もあり行動に不明な点も多いので重点的に調べることにしました。

 

 

 

職場の定時間付近から調査開始。

調査数日は普通に残業して、直接帰宅していたが、週末金曜日は定時で上がるとそのまま中央区の方へ車を走らせていった。

大型スーパーに駐車してしばらく誰かを待っているようだったが、それは男性だった。

奥さんの車に男が乗り込んだ後、そのまま近くのラブホテルに入って行った。

 

 

 

休日にも友達と会う口実で夜出かけて行った際の行動も確認したところ、例の同じ男性と会っては食事や映画、ラブホテル(車内のパターンもあり)等と共に行動していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

報告、その後の依頼者

 

二週間の調査も終わり、平日夜や休日の奥さんの行動を旦那さんにお伝えしました。

 

 

憤慨しておりましたが、元々不貞があった際には離婚をし慰謝料及び親権をもらうつもりで決めていたため、すぐさま証拠を元に奥さんに突き詰めて離婚の話を進めています。

 

奥さんも今回の不倫に関して、素直に認めており、旦那さんと子どもたちに謝罪しております。

 

 

 

どんな些細なことでも不安に思ったり、時間だけが過ぎてしまうと人生に悔いが残ってしまいます。

探偵にご相談することは些細なことでも構いません。

軽くLINEや電話でご相談からでも良いですし、まずは1日からでも調査しております。

 

 

方向性が明確に決まってから本調査を始めても構いません。

少しでも依頼者様の不安を無くせるよう、我々がお手伝いをできればと思っております。

 

気にかかっている方は、お気軽にお問い合わせください。

 

 

依頼者様の状況はひとりひとり違いますので、その状況に合ったプランを提供させていただきます。

ホームページトップへ

 

 

 

 

浮気調査の診断は
こちらから